So-net無料ブログ作成
検索選択

Six o'clock の功罪 [ちょっとした考察]

先日、朝日新聞の広告を眺めておりますと、

大阪ウエスト・サイド・ストーリーのミュージカルがありました。

んん・・・・と脚の角度が気になる。

wss_impression.jpg

昔、映画ジョージ・チャキリス様が踊っていたころと違いますね~。

img_1193944_31709155_2.jpg

 全体的にふわっとしたのびやかさを感じませんか?

かえって体が垂直ではなく、少し斜めに傾斜しているほうがバランスが取れていいと思います。

妙に脚を高く上げスキているような気が。

これは、もしかしてシルビー・ギエムのシックス・オクロックのポーズが

世の中に定着したせいかもしれません。

シルビーはフランスバレエ界の至宝といわれるくらい

すごいバレリーナなのです。(まだ現役? リタイアしたのかな?)

パリ・オペラ座では史上初の19歳でエトワールの座を獲得した、とか

いろいろと伝説がある人です。

わたくしも本当にこの方が好きで、

よく東京バレエ団といっしょに来日して、ベジャール作品を踊っておられました。

じゃ、ベジャールだったら、モダン一辺倒なの?と訊かれれば決してそういうわけでもなく、

古典も実に端正に踊る方です。

わたくしは、あらすじや形式やマイムが一切ないモダンをシルビーが踊るのをみて、

まさに彼女は音楽そのものだ、と思ったものでした。

当時、この方しかできないワザというのがありまして

それが、このシックスオクロックです。

つま先で立ちながら、脚をほぼ垂直に揚げるという技です。

p44sylvie_guillem2.jpg

これは当時、保守的なフランスバレエ界では、賛否両論ありまして、

こんなアクロバティックでサーカスまがいのポーズは下品だ、と。

しかし、実際、このポースを涼しい顔をしていともやすやすとやられちゃうと、

胸がすっとすくような思いを見ている側はするわけですよね。それも感動のひとつかと。

o0282048210419062695.jpg
ただし、とわたくしは思う。
これが流行りになって、誰でもいつでもやるようになると
かえって感動は薄れる。
* 
このウエスト・サイド・ストーリーにおいては
昔のポーズのほうがなにか均整がとれていて美しく思える。
芸術は技術ばっかりではない、ということでしょうか・・・・・?

nice!(1)  コメント(3)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 3

sadafusa

>月乃さま niceありがとうございます。
by sadafusa (2012-03-24 09:01) 

ちゃお

はじめまして
私も昔のほうがバランスが取れていいと思います
体が斜めになっているのですが、右足から左足のつま先までの二等辺三角形と、左足つま先から右手の先を結んだ三角形が出来ているせいなのかもしれません

by ちゃお (2016-10-18 03:14) 

sadafusa

こんにちは! ちゃおさま。

コメントを見逃していました。ごめんなさいね。
お返事するのがこんなに遅くなってしまいました!

おっしゃる通りだと思います。

軸足が傾斜しているので、三角形に見えるのですよね。
空間に広がりが感じられて、このほうがバランスとれていますね。

このトピは今から四年以上前に書いたものですが、
とうとうシルビーも現役から引退してしまいました。。

寂しいことです。
by sadafusa (2016-10-20 16:36) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: