So-net無料ブログ作成

ギャラントリーとはこういうもの? 『花咲ける騎士道』 [読書&映画]

142499_1.jpg
 

今日はなんというか、ガンガン行ってみたい気分なので、

最近見た映画の中でお気に入りのヤツをひとつ。

それは『花咲ける騎士道』ですね!

これって本当は1952年にも、かの伝説の美男、ジェラール・フィリップが主演したものの

リメイクなんだそうです。

わたくしね、実はこのジェラール・フィリップ版を見に行ったんだけど、何とお恥ずかしいことに

途中で寝ちゃったんですよ。

以前、ギヨーム・ドパルデュー主演の『ヴェルサイユの子』のときも

意識がなくなってたなぁ。

画面が暗いとね、なんかダメ見たいですわ~。

若いとき(いやね、こういうこと言わなきゃならない年回りなのね…)は、

もっと私も切れてて、そんなこと絶対ありえなかったんだけど、劣化したんだわww

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

これね、監督は違う人だけど、製作・脚本がリュック・ベッソンなの。意外だわ~。

リュック・ベッソンは『レオン』といい、『ジャンヌ・ダルク』といい、

わたしのストライクゾーンど真ん中という監督さんで本当にスキスキスキなのよ~~

このフランスのアンシャン・レジーム臭漂う、知と痴のまじったおバカかげん。

絶妙だわ! フランス人にしか作れない映画だと思う。

それにね!主役のファンファンがヴァンサン・ぺレーズなのです。

fanfan.jpg

(あ~、『王妃マルゴ』のときのラ・モルのヴァンサンは死ぬほどセクシーだったっす)

もう、目だけで女を妊娠させることができるという噂のドハンサムさんです。

(とかいって、微妙に頭が寂しい気がするのは、わたくしの眼が老眼なせいかしら~)

しかし、このファンファンの役はそういう彼の冴えたカッコよさというより、

お茶目なところが強調されていてとてもかわいい。

でもね、途中途中で剣を交える殺陣があって、

途中でひゅんひゅん、って剣を宙で切ってなんかかっこいい。

アクションシーン、てんこ盛りです。それもうれしいんだよね。

あと、相手役のジプシー娘に、これまたスペインの超弩級の美女、ペネロペ・クルスですね。

ちょっと気がついよいけど、一途な娘がすごく似合っていました。

これさぁ、この映画のキャンペーンのときに、ペネロペ・クルスが着用していたものを

神田うのが来てたんだけど、本当に似合ってなかった!

あ~、神田うのもスタイルよいのになぁ、やっぱりこういう服は着る人を選ぶんだぁとか

思ったかな。

fanfan-tyulpan.jpg

777b8a4ae63c8ec924c67452e6f4eab2.jpg

しかし、フランスを舞台にしたこの映画の主役ふたりには、フランスの血は一滴も

流れていなかったのでした…。(笑)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

このお話は、なんていうの、あってないような、ま、いわば一種のおとぎ話なんですねぇ。

これさあ、ボケーとみていると、あ、王さまか、どっかの身分の高い侯爵夫人か、

王さまの娘か、戦争か、で日本人は流してしまうけど、そうやってバックグランドを

知らずにみるのはもったいないですよん。

これはね、たぶん王様はドハンサムで有名なルイ15世なのです。

そして、身分の高そうな侯爵夫人はポンパドゥール夫人です。

tulipanodoro4.jpg

王さまの娘は、王妃マリー・レクチンスカヤが生んだ王女ですね。

そして、劇中で起こっているのは、七年戦争です。

これだけわかっていると、なるほどなるほど、と結構面白く

その時代を観察できるというものです。

七年戦争というのは、ちょっとややこしくて、

オーストリア継承戦争のあと、シュレジェン地方をプロシアにうまうまと取られてしまった、

オーストリアが長年の不倶戴天の敵であったはずのフランスを含め

ロシア、スウェーデン、スペインと組んだのです。

対して、プロシアと組んだのは、イギリス、ポルトガル、あとよくわかならい聞いたこともないような

どこにあるのかもわからないような小国ですね。

ルイ15世はもう、本当に女だけに興味あった人で、戦争は全く音痴だったようです。

元帥に「世の軍はどれじゃ?」

と尋ねても元帥もボケなので、「え~っと、どれでしたでしょう?」

1350019075_1.jpg

誰も答えられるものはいないというスカぶり。

一方、風来坊のファンファンはあっちこっちの娘に手を付けて、

その父親に「これ、責任とって結婚せんかい!」と追いかけまわされてばかりいる男。

もうすごく男前なので、振り切っても振り切っても女がわらわらと寄って来るんですよね~。

まぁ、話し自体は語るほどのこともないので、

実際見てみれば、面白いかな。

ただ、やっぱり特筆すべきはファッションですかねぇ。

ポンパドゥール夫人はかの有名はリボンがだーっとついた「階段」と呼ばれる

ローブ・フランセーズみたいなのはお召しになっておられませんが、

とても素敵。

bscap0010.jpg

ファンファンのアキテーヌ連隊の空色の軍服もカワイイです。

敵側のプロイセンの王様がバカボンのパパそっくりで大笑いできます。

いつも、こういう本物のフランス映画を見ていて思うんだけど、

貴婦人という方は、日本の武家の奥方とはまたちょっと違った威厳があるんですねぇ。

フランス女性というものは、エレガンスを、そしてその上にコケットリーというものを

必ず身に着けていなければならないんだと。

一見、バカみたいに見えてしまっても、それは演技なのですねぇ。

本当はすごく鋭い。だけど、ふんわりと可笑しさがただようしぐさは見惚れてしまうばかりです。

やはり、こういう春風駘蕩という体ですと、

男もギャラントリーを磨かなければなりますまい。

タレーランは『革命以前を知るものでなければ、本当の楽しみを到底わかりえない』と言ったそうですが、

ある意味本当だと思う…。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。