So-net無料ブログ作成

惣領冬実の「マリー・アントワネット」(裏ブログとは違うよ) [読書&映画]

9月23日に発売だった

惣領冬実の「マリー・アントワネット」

news_header_marieantoinette.jpg

アマゾンで買おうとしたら、どういうわけか予約なのか送料の350円かかるっていうんで

ふつうのお店でダーリンに買ってもらいました(極端な出不精なんだな~)

やっぱり前々から、私が言っていたとおり、

王さまはすごいイケメンに描かれていた!

まるで「MARS」のレイちゃんのようでした…。

そこまでかっこよくせんでよいいのにというくらい、ハンサムでございました。

冒頭の大人になった王妃さまのお顔っていうのが

なんとなく、今フランス映画で引っ張りだこのカトリーヌ・フロに似ているような気がして~。

ヴェルサイユ宮殿監修っていうのがすごいです。

絵がやっぱり現地で取材してきたのは違う!って感じで

本当に詳細に描かれていた。

しかし、プチ・トリアノンの館の内部の詳細っていうのは、

いわゆるこのころのフランス貴族の一典型ではないかと思うのですね。

それは、「ベルサイユのばら」の外伝に載っていたジャルジェ家の構造とも

基本的には全く同じだし、

この間見た、ベルギーかオランダ貴族のお話の映画

「素敵なサプライズ」に出てきたお屋敷の内観ともそっくりでした。

白黒でできた格子柄の床。それも斜めに走らせるのがヨーロッパですね。

そして、瀟洒な透かし模様の入った片翼だけの階段。

う~ん、いいですね。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

マリー・アントワネットはなんていうのかな、

死んで名を挙げた人ですよね。

生きているうちは、罵詈雑言の嵐でしたが。

ルイ16世は、長らくツヴァイクの伝記が世の中に浸透していたせいで

デブでチビで愚鈍な王様と誤解されていましたが、

全くの逆で、ものすごく名君だったんですよ、

世の中を改革しなければならない、と思っていたから

結果的に革命が成功できたんであって、

暴君だったら、1789年の7月14日に

民衆を徹底的に痛めつけることもできたんですね~。

ナポレオンは案外非道でして、大砲に「ぶどう弾(散弾のこと)」を入れて

虐殺することもいといませんでしたが、

ルイ16世さまは、やはり最後まで使わなかったとか。

(知らないから使わなかったわけじゃないよ)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

マリー・アントワネットとフェルセンの恋ってものすごく有名ですが、

これも結局、学者たちの間では意見の分かれるところで

フェルセンは単なる王妃様の取り巻きのリーダーに過ぎないという意見や

王さまがあまりに頭が切れるので、息抜きにバカっぽいフェルセンとの会話を

楽しんだんじゃないかっていう説もあり、

中野京子さんなどは「ロココの時代というものを考えてみると、肉体関係がなかった、ってことが

不自然」ともおっしゃっていて、決定打には欠けるところです。

ただ、わたくしが思うに、

案外、この夫婦はあっさりしていて、ドロドロの不倫を楽しむタイプではなく、

ちいさな家庭の幸せを大事にしていた、とも思えたりするんですよね。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

しかし、本は「え? これで終わりなの?」って感じで

面白いのに、すぐおわちゃった、続きはないの?って感じ。

だけど、「チェーザレ」も11巻でずっと止まっているし、

早く先が読みたいんですよ~。

わたくしが死ぬまでには全部読みたいです。

惣領センセ、頑張って。


自分的激萌え映画   『デュエリスト 決闘者』 [読書&映画]

duell01.jpg

最近、ちょっと暑かったせいか、(京都の夏は半端なく暑い!)

精神的にも肉体的にも、しょぼ~~んとして辛くて、

大好きな映画も見られずじまいでしたが、

ここんとこ、少し回復して、フールーで楽しんでおります。

そして!!

 なぁんとタイムリーなことに、

自分的激萌え映画を見てしまいました!

タイトルは『デュエリスト(決闘者)』

どこに萌えるかというと、それは、それは!!

時代がナポレオン時代の騎兵隊の話なのです!!

わ~い! 

あの時代の軍服大好きな人間にしたら、よだれが垂れるほど

素敵な映画でした!

tumblr_n1d0uxkxBI1t63el6o1_1280.jpg
騎兵隊の将校さんは、乙女のあこがれ。
いつでもどこでも、モッテモテです。

みんなユサール騎兵の恰好をして、肋骨飾りの服の上にプリスを着て、

サーブル・タッシュをつけていて、華やかです~。激萌えです~。

harvey-keitel-keith-carradine-the-duellists-1977-bp8xgp.jpg

今まで、図でしか見たことなかった騎兵隊ですが、

動いているのをみて、なるほど、なるほどと感心してみていました。

それはともかく、

しかも!

監督がかの有名なリドリー・スコットというところが

ビックリです!

あの、「エイリアン」の監督ですよ。

このデュアリストっていいうのは、エイリアンをつくるひとつ前の

映画ということです。

う~ん、スコット監督になにがあったんだ?っていうくらい

作品の質が違う~~。

あ、でもこれがスコット監督のデビュー作らしいですね。

まぁ、監督って扱う素材が違えば、また逆に素材に見合うスタイリッシュな画像を

作りたくなるものだから、それはそれで納得です。

初めは1800年から始まるのですねぇ。

このころの軍隊はまだ、旧体制風ファッションが主流みたいで、

びっくりしたのですが、騎兵隊の将校のヘアスタイルです。

まぁ、なんとなく、ロン毛を後ろでおリボンで結んで、

サイドの髪はローリングして~、っていうのはなじみのあるヘアスタイルですが、

騎兵隊の人間は、サイドの髪を三つ編みしていた!っていうのが

 なんか新鮮でした!

2753-5445.jpg

でも、ナポレオンが皇帝になるあたり、1810年ぐらいになると、

流行が変わったというか、世の中の意識も変わっていくらしく、

髪の毛はロングにしなくなるんですね~。

20275_5.jpg

主人公のデュベールも途中で髪の毛を切っています。(でも、ローマ風に刈り込んでいなくてちょっと長い)

話は…。

1800年の第7騎兵隊の時代。

ストラスブールに駐屯していた第7騎兵隊に、

フェロー中尉という、きわめて決闘好きの男がいました。

本当は、軍人は決闘をしちゃだめっていう規則があったのに、

なんとフェローはそこの有力者の息子と決闘して重傷を負わせてしまう。

部下の不始末を聞きつけて激怒した将軍は

主人公のデュベール中尉にフェローを謹慎処分にするということを伝えて来い!と

命令します。

f668bf139d3ed0eb6704d1ed96dd674e.jpg
将軍ファッションも渋い!!!

しかし、単なる伝令役のデュベールに対し、フェローは「謹慎処分」にされたのは

お前のせい、といって逆恨みします。

バカとは会話ができないという典型です。

すぐにまた、「お前と決闘する!」とフェローは激高します。

ここで、受けて立つと自分だって軍紀を犯したことになり、

自分の立場が危うくなることを知っているデュベールは

決闘することを固辞するのですが、アホなフェローはどうしても返してくれません。

諦めて決闘するのですが、

賢いデュベールにフェローはどうしたって負けちゃうんですよ。

初めは剣で、

duellists4.jpg

次は馬上で、

the-duellists-1977-keith-carradine-due-001-bkam32.jpg

最後は銃でって

duellists5.jpg

何回やれば気が済むの?

それに、デュベールはフェローに対抗心ももってないしね。

しかし、いつまでたっても、フェローは和解することをかたくなに拒み、

なにかあるごとに決闘を再開させようとする。

さて、時代は過ぎ去り、キレモノのデュベールはそれなりに

ナポレオンのロシア遠征にも辛くも生き残り、あまつさえ王政復古の世の中になっても、

世の中をうまく泳ぎ渡り、めでたく旅団長(日本風に言えば、少将)にのぼりつめました。

長らく戦い一辺倒で生きていたデュベールですが、姉さんが持ってきた縁談を受け、

tumblr_n4sxgnBROm1ttozn5o1_1280.jpg
キース・キャラディーンの手足が長くて優雅なこと!
もう、美しすぎて震えます!笑

幸せな家庭生活を送ります。

duellists207.jpg
 ウェディング・ケーキをカットインするときは
自分のサーベルでカットよ。
やっぱり、手も美しくてセクシーな
キース・キャラディーン!
紺サージの上に金糸の刺繍が見事な将軍ファッションも素敵!!!!
あ~、こういう素敵な将校さんとなら
あたしも結婚したいかも!
(旧日本陸軍はいやです)

さてもうすぐ妻が月満ちて初産をしようというまさにそのとき、

しつこいフェローはまた、挑戦してくるのです。

しかし、デュベールは今や父親になろうとしているのです。

それに妻もいる、そして一人娘の妻の舅もいます。

いまやデュベールには一家の長としての責任があります。

ここはどうでもフェローに勝たなければならない。

デュベールは誰にも告げず、フェローとの一騎打ちへと向かうのでした!

・・・・とまぁ、ありがちな話ですが、

それなりに面白かったです。

keith-carradine-the-duellists-1977-BP8F0D.jpg

このデュベールをやった俳優さん、まったく知らない人で

キース・キャラディーンという人なのですが、

わたくしのストライクゾーンど真ん中という、すっごいハンサムな人です。

なんていうのかなぁ、いかにもイギリス男って感じ

(とかいいつつ実はアメリカ人 要するにアングロサクソン色の強い人)で、

レイフ・ファインズとかジェレミー・アイアンズみたいな

ものすごく手や脚が長くて、肩幅もあって、首なんかも長くて、

って感じのハンサムさんです。

どういうのかなぁ、前も『シェリ』のルパート・フレンド見て思ったけれど、

こういう人って絶対にイギリス人なんであって、フランス人には見えないんですよね。

イギリスとフランスって近い、と思うけど、

イギリス人って実は北欧に近くて、フランス人って南のローマ寄りの人種なんだなぁと

思ったりします…。

フランスを描いた、イギリス映画なのでありました。


無垢な少女の娼婦  pritty baby [読書&映画]

PRETTY20BABY202.jpg
 

だいぶ、昔の映画を見ました。

ブルック・シールズの出世作、ルイ・マル監督

「プリティ・ベビー」

この映画は、アメリカ映画らしいですが、

舞台はニュー・オーリンズで、少しフランス風なんですよね。

で、監督さんもフランス人なんで、

昔のフランスの娼館である「メゾン・クローズ」の雰囲気が

よく出ているなぁ、と見ていて思いました。

パリ、娼婦の館  メゾン・クローズ (角川ソフィア文庫)

パリ、娼婦の館  メゾン・クローズ (角川ソフィア文庫)

  • 作者: 鹿島 茂
  • 出版社/メーカー: 角川学芸出版
  • 発売日: 2013/10/25
  • メディア: 文庫


f0104705_20343213.jpg

そして、身体をひさぐ商売で、ギスギスしている女たちばっかりいるのかなぁ~

と思いきや、舞台の裏側を見ると、

女将がいて、身体を売る女がいて、作男もいて、料理女もいて、

男に身体を売っているわけだから、当然、その結果として

子供もうろちょろしているわけで、

案外、こうふわ~っと家庭的な雰囲気もある。

これはモーパッサンの『テリエ館』を読むとよくわかる。

imagesY820GRG9.jpg

まぁ、そういうフランス風な感じが濃厚な娼館が舞台となります。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

そこにまだ大人でもなく、子供でもない12歳の少女、ヴァイオレットが住んでいます。

彼女は、娼婦の母親から生まれて、この館で育ち、この世界以外のことを

知りません。

男に身体を売ることが、賤しいことだとも別段思っていないし、

そういうのがごくごく当然で、自分も将来は母親やここの仲間の姐さんと同じように

娼婦になるんだろうなぁと思っているんですよね。

でも、あるとき母親のほうがパトロンを見つけて、娼館を後にする。

堅気になれたわけなんです。

でも、外の世界をしらないヴァイオレットは母親と一緒に

パトロンの家へ行くのを断固拒否する。

そして…、あるとき、初物であることを付加価値として

客の前で競りにかけられ、なんと一晩400ドルの値をつけられて

中年の男に破瓜されてしまうのですね~。

そういういたいけなヴァイオレットを放置できなくて、

全うに育ててやるには、夫婦になるしかないと思い、

娼婦を撮る写真家の男に引き取られるんですね。

でも、あるとき母親が迎えに来て、

「まだ年端もいかない娘に対して、

親の同意もないこの結婚は無効だ!」っていって、

むりやりその写真家から娘をかっさらっていくんですよねぇ。

最後は良家の子女ふうな恰好をさせられて、

駅のプラットフォームに立つ、ブルック・シールズですが

良かったね、っていう気持ちにはなれず、

「なんて痛ましいんだろう」ってしみじみするんですよね。

この子は、今まで世の中の裏の裏まで見て来て、

今更、まっとうな世界に戻っても不幸になるんだけなんだろうなぁ、みたいな。

20150512_895666.jpg

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

それと同時に当時11歳のブルック・シールズですが、

まだ、大人の世界もよく知らず、実際はもっと夢見るような

親や、友達などで幸せにくらしているような年頃なのに、

こんなすごい映画で全裸になって、ものすごい大胆なポーズをとらされているのが

本当になんというか、痛ましいんですね。

劇中の少女娼婦のヴァイオレットも

それを演じているブルックも

やらされていることの本当の意味もわからず、

微笑む顔ざしのなんと無垢なことか…。

それがもう、絶世の美少女ですから、よけいです。

後年、ブルック・シールズは、やはり幼児虐待を受けた、

マイケル・ジャクソンと仲がよかったそうですが、

やはりね、こんなロリータ趣味の映画に出させる親の良識みたいなもの、

なんだか疑ってしまうんですよね。

Pretty-Baby-brooke-shields-843034_500_363.jpg

子役と言えども、やはり心はありますからね。

そのときは言語にできなくても、

受けた心の傷はあとになってうずくはずです…。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。