So-net無料ブログ作成
検索選択
あみもの ブログトップ
前の10件 | -

ノルディック・カーディガン編み上がりです。 [あみもの]

FullSizeRender.jpg
 

windows10に変えてから

なんか前より調子が悪い、我が家のパソコン

不具合ばっかり出てストレスがたまりまくりますのことよ、ぷんぷん。

最近は、なんというか公私ともに忙しいというか、気ぜわしいです。

でも、そういうときは、編み物をすると、

一心に編むことだけに集中するので、

大変助かっています。

わたくしにとって編み物は一種の行のようなものなのかもね。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

さて、アイスランド(だっけ)の毛糸のロピーを使って、

丸ヨークのノルディックカーディガンを編み上げました。

アイスランドのものだから、ノルディックではないような。

まあ、ともかく北欧風な感じですよね。

FullSizeRender.jpg

まだ、前立てとか、仕上げをしてないので、完成とは言えないんだけど。

これは、柄というか色使いがかわいかったので、

編んでみたかったのです。

しかし、試しに着てみると、ちんちくりんの日本人の私には、

袖は長いわ、

幅は狭いわで、やはり細くて長身な方々のものだな、と実感しました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

もうほんと、説明書がアバウトすぎて、

特に、全体で何目減らすかというのは書いてあるけど、

細かく説明してないので、何度自分で計算しなきゃなんなかったことか。

勉強になったけど、時間かかりました。ぷんぷん。

できあがったのは、こうなのですが、なんか見ていると一抹の不安みたいなものが。

こんでいいのかなぁ~。

とりあえず、ここでやめておこう。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

手作り市に出品することにしました~~。 

幼稚園の入学の準備のための絵本かばん、上履き入れ、お着換え入れ、のセットが何点かあります。

男の子用は自分でいうのもナンですが、充実していると思います。

しかしねぇ、女の子のものってなかなか難しいんです。

というのも、女の子はどうしても、プリンセスものに走るんですよ。

でも、ディズニーは、販売目的に使用することができませんので、

他のもの、と思って探していると海外のプリントものがよかったりするのですが、

あまりに値段が高すぎるので、ちょっとこれでは作れないな、って感じなんですね。

で、考えて作ったものは、幼稚園の女の子が喜んでくれる、というより、

ティーンの女の子が喜んでくれそうなものばかりになってしまいました。

(お母さまは納得してくれるとおもっています)

あとは、冬物の編み物の小物などを少し用意しました。

たいていは、ドログリーや、ローワン、ザラなどの輸入ものの毛糸か、

アブリルや野呂英作さんの毛糸を使用しています。

今、値段を決めるのに、ものすごく悩んでいますが、

デパートなどで8000円近くで売っている帽子などとは

まったく糸の品質が違います。

手編みによる柔らかさ、もともとの品質の風合いなどなど、

こだわりのある仕上がりになっております。興味のあるかたは是非是非。

IMG_39112.JPG

FullSizeRender1.jpg

52.JPG

日時 11月5日(木)10時スタート

場所 阪急京都線 上牧駅 (普通、準急のみ停車)徒歩五分

イベント会場   建築雑貨ラロ

名称        こちくら市

詳しくは、↓を見てくださいね!!

http://www.relife.co.jp/24sekki/kochikura/


ノルディックカーディガン作成中。 [あみもの]

FullSizeRender (27).jpg

いくつもいくつも掛け持ちしながら、

いろいろなものを作っています。

本当に毎日忙しくて、息をつく間もないんですが

案外そういう生活のほうが、自分には性にあっているような気がしてきました。

飽き性なので、編み物だけ、ソーイングだけ、っていうのはダメなんです。

本当は、もっといろいろなことやってみたいんだけど、

自分のキャパシティと体力とお金に限界を感じているのでこれ以上はやりませんが…。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~」

さて、これ以上、無駄な出費はするまい!と固く心に誓ったはずなのに、

人間なんて弱いものですね。煩悩の塊なんだ、とつくづく思います。

三宮のお教室をやっているお店の壁をふと見ると、かわいい色使いのカーディガンが!!

FullSizeRender (27).jpg

ああ~、コレ編みたいな、とつぶやくと、

さすが、店員さん、耳ざといわ。

「あ、これセットになって、かわいい袋にはいってるんですよぉ~」

ああ、そのとき、私は負けました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ロピっていう会社の毛糸なんですけど、ほんとうにもう太い毛糸で

質感もやわらかくて、いい感じです。(お値段はいい感じじゃないですが)

わたくしねぇ、丸ヨークって作ったことなかったんですね。

よく考えてみたら。

だけど、説明書みると、これがまた、すんごくアバウトな説明書で

こんなんみただけで編めるかよ、みたいな感じです。

でねぇ、本当は袖を輪針で編むように指示してあるんですが、

何べんやっても、糸の引き加減がきれいにならないんです!!

別にわたくし、何が何でも伝統に沿ってあまなきゃ気がすまない、というタチじゃないし。

どっちかというと、きれいに編めて、きれいに始末できるほうがいいという派です。

FullSizeRender (26).jpg

でもな~。ちょっと先生に相談してみます。

勝手に突っ走って、高い毛糸をパアにしてももったいないですから。

やっぱり、袖は輪針で丸く編まなきゃダメってダメだし出されるかもしれないしW

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

手作り市に出品することにしました~~。 

FullSizeRender (3).jpg

日時 11月5日(木)10時スタート

場所 阪急京都線 上牧駅 (普通、準急のみ停車)徒歩五分

イベント会場   建築雑貨ラロ

名称        こちくら市

詳しくは、↓を見てくださいね!!

http://www.relife.co.jp/24sekki/kochikura/


スヌード一枚完成 [あみもの]

FullSizeRender (25).jpg

たくしは元来、ソリッドカラー単色だけで、模様編みをするか、

あるいはソリッドカラーだけで編みこみをするのが好きというか、

あんまりテクスチャーにおいてたくさんの色が混じるのがキライな傾向にあるんですが、

そんなことばっかり言っていていたら、

幅が広がらないのではないかと思い、

いつもは決して手を出さない、野呂栄作さんの段染めのつむぎ風な糸を一タマ買って見ました。

結構、量は少ないのに、重たいんですね、糸自身が。

まあ、初めて買った糸なので、野呂さんの糸が全部こういうわけでもないんでしょうけど。

まあ、シルクもはいっていて、ものすごくいい糸なんでしょうけど、

渋い光沢もあるし、

しかし~、わたくしにしては地味!

かといってこう、ぱあ~っと蛍光色も苦手なんですけどね。

ちょっと難しいところですが。

で、いろいろと、かなりいろいろ迷った末、

青の並太の糸と引きそろえにして、スヌードを編むことにしました。

ですけど、

これって、普通にガーター編みでいこうかなと思ったら、

編んでみたら、編地が壁のようにごつくて、しかも長さが出ない!

あかんわ~とかつぶやきながら、輪針で編んだり、

ドライブ編みで編んだり、

朝から晩まで、編んで解いて、編んで解いて、

糸ばぼろぼろになるやん!ってところで

三目三段の鹿の子編みみたいなのにしました。

加えてメビウスつなぎにしました。

ただの輪にすると、本当に真っ直ぐカベみたいで、ロボットの首みたいになるし…汗

IMG_4084.JPG

まあまあこうすると、グラデーションもなんとなく、って感じだし、

適度に編地に柔らかみも出たような気がします。若干だけど。

難しい糸ですね~。

今度、野呂さんが好きな方に、編み方を聞いてみようと思います。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

手作り市に出品することにしました~~。 

FullSizeRender (3).jpg

日時 11月5日(木)10時スタート

場所 阪急京都線 上牧駅 (普通、準急のみ停車)徒歩五分

イベント会場   建築雑貨ラロ

名称        こちくら市

詳しくは、↓を見てくださいね!!

http://www.relife.co.jp/24sekki/kochikura/


後ろ身頃出来上がり。 [あみもの]

IMG_4063.JPG

ローワンのデザインはかっこいいけど、

きをつけなければならないのがサイズですよ。

向こうの人は体がでかいけど、手足が長い。

FullSizeRender (21).jpg

そう思って手加減しながら作っても、上手くいかないときがある。

この間、Sサイズで作ったら、編みこみだった、という性質もあってか

ちょっとパチパチになっちゃんたんですね。

だから、今度はMサイズで作ったら、

これはもしかして身長が180センチくらいの人が着るんでちょうどなんではないかというほど

デカくなりそうな予感。

しかし、もうすでに300段以上編んだし、

しかも途中で何度もサルベージしちゃったし、

全部解いて編みなおし!という気力はわいてきませんね~。

まあ、いいやん、

丈が長くても。

おしりの周りがあったかくていいわw

IMG_4063.JPG

とほぼあきらめの境地かもな~。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

手作り市に出品することにしました~~。 

FullSizeRender (3).jpg

日時 11月5日(木)10時スタート

場所 阪急京都線 上牧駅 (普通、準急のみ停車)徒歩五分

イベント会場   建築雑貨ラロ

名称        こちくら市

詳しくは、↓を見てくださいね!!

http://www.relife.co.jp/24sekki/kochikura/


てぶくろの本 [あみもの]

 FullSizeRender (22).jpg

今までミトンを編んできて、

参考にさせてもらったのが

この本。

中身はミトンも数種類紹介されているし、

五本指に分かれている手袋や、四本指にわかれているもの、

手首だけのもの、指だけ出して、手のひらだけあっためるもの、

あとはすかし編みのレーシーな紫外線対策用の手袋などなど

結構乙女ごころをくすぐる作品満載です。

そして、使っている糸みると、

結構みんな超極上の糸ばっかりですね~。

ローワン、アブリル、ジャミンソンなどなど。

テクニックも難易度がかなり高いものもあります。

わたくしなどは、一番簡単なやつでもヘーヘーいってやっています。

そのうち、全部あんでみたいな~と思わせてくれる、眺めているだけでも

結構幸せになれる本です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

手作り市に出品することにしました~~。 

FullSizeRender (3).jpg

日時 11月5日(木)10時スタート

場所 阪急京都線 上牧駅 (普通、準急のみ停車)徒歩五分

イベント会場   建築雑貨ラロ

名称        こちくら市

詳しくは、↓を見てくださいね!!

http://www.relife.co.jp/24sekki/kochikura/


うっかりするとよく間違う。 [あみもの]

FullSizeRender (21).jpg

ミトンばっかり編んでいるとさすがに飽きてきました。

たまにはお口直しに他のものを。

これ、引き上げ編みじゃなくて、

タック編みなんですよねぇ。

FullSizeRender (20).jpg

ちょっとめんどくさいんです。

タックを編むときに気をつけないと、

全部糸を拾え切れなくて

あとでサルベージしなければならないことになる。

この間、100段ほどほどいたので、

きぃ~~と見たくなかったのですが、

昨日、「やってみよかな」という気になり再開。

脇下まで200段あまり。

まだ160段ぐらいしかあんでないな~。

FullSizeRender (19).jpg

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

手作り市に出品することにしました~~。 

FullSizeRender (3).jpg

日時 11月5日(木)10時スタート

場所 阪急京都線 上牧駅 (普通、準急のみ停車)徒歩五分

イベント会場   建築雑貨ラロ

名称        こちくら市

詳しくは、↓を見てくださいね!!

http://www.relife.co.jp/24sekki/kochikura/


片方だけできあがり。 [あみもの]

FullSizeRender (18).jpg

昨日、編みかけだったミトン、片方だけだけど、仕上げました。

編みこみを入れてみたけど、こうやってできあがってみると、

上のほうにも、模様をいれてみてもいいかもしれない。

黄色と深緑ってちょっと奇抜かしら?と思ったりもしたけれど、

意外とかわいい気がします。

FullSizeRender (18).jpg

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

手作り市に出品することにしました~~。 

FullSizeRender (3).jpg

日時 11月5日(木)10時スタート

場所 阪急京都線 上牧駅 (普通、準急のみ停車)徒歩五分

イベント会場   建築雑貨ラロ

名称        こちくら市

詳しくは、↓を見てくださいね!!

http://www.relife.co.jp/24sekki/kochikura/


編みこみのミトンに挑戦 [あみもの]

FullSizeRender (17).jpg

小物を作るのが本当に苦手です。

大きい小さいに、そんなに差があるのか、

と自分でも思うのですが、

なんだか難しい。なんなんでしょうかねぇ。

FullSizeRender (17).jpg

ミトンは親指の拾い目が一番難しく、

ちょっとしたコツをつかむのには、ミトンを片手分四つほど編む必要がありましたね~。

やっときれいに編むことができました。

そうすると、なんだか、素編みだけって退屈になってくるんですねぇ。

何かちょっとした柄を入れられないかと、

パパパと考えて入れてみました。

超簡単な幾何学模様です。

模様を入れること自体は簡単です。

しかし、平面ではなく、輪にした状態での糸の引き加減が難しく、

あんまり強く引っ張ると模様が浮き立たないし、

ちょっとしたコツをつかむまでまた時間が必要になりそうです。

わたくしは、どっちかというとこういうことにはカンが冴え渡るタイプじゃないので、

やっぱりひとつひとつ、経験を積むことが大事なのですね☆

FullSizeRender (17).jpg

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

手作り市に出品することにしました~~。 

FullSizeRender (3).jpg

日時 11月5日(木)10時スタート

場所 阪急京都線 上牧駅 (普通、準急のみ停車)徒歩五分

イベント会場   建築雑貨ラロ

名称        こちくら市

詳しくは、↓を見てくださいね!!

http://www.relife.co.jp/24sekki/kochikura/


アブリルの糸で [あみもの]

avrilnoito.jpg

これは以前、ローワンの4プライのシエナという糸で

本当は娘のために編んだのですが、

もう、欠食児童のような子なんで、

普通サイズじゃガバガバ。

海外のニット雑誌で困るのは、

こういう欠食児童のように細い子のサイズがないこと。

まあ、体格の差って見れば歴然としてますよね。

あちらの方は顔が小さく、手足が細く手長いけれど、

意外と肩幅は広いし、胸が厚いんですのよ、男女ともにね。

というわけで、そのまま編んでいたんじゃいつまでたっても

埒が明かないので、

他の細い糸で編んでみました。

avrilnoito.jpg

これは以前、また別の目的でブレンドしてもらった糸なんですが、

ブルーをベースにして、うすいライム色、グレーですね。

ブルーがたしかコットンで、グレーがシルク、ライムが麻だったような。

しかし、これ、三本とも針糸にも使えるほどの太さで、

細い、細い。

ぼーっとして編んでいると、一本だけ編めてなかったりとか。

トラブル発生。

加えて、死ぬほど段数が多い。

身頃の段数がたしか250段ほどじゃなかったかなぁ。

このランニング、面白いのが、前にタックをとってあることですね。

だから、なんてのきれいなドレープがでます。

アブリルの糸のほうが細いししなやかだったんで、

このドレープのより方がさらにきれいでした。

娘には出来たらすぐに送ったけれど、

「ありがと~。とってもやわらかくて、着易いし、おしゃれだから重宝しているよ」

のメールが。

あの~、母としては着てみたところの画像がほしいんですが。

仕方ないですね、娘ってこんなものなのかも。

avrilnoito.jpg

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

手作り市に出品することにしました~~。 

FullSizeRender (3).jpg

日時 11月5日(木)10時スタート

場所 阪急京都線 上牧駅 (普通、準急のみ停車)徒歩五分

イベント会場   建築雑貨ラロ

名称        こちくら市

詳しくは、↓を見てくださいね!!

http://www.relife.co.jp/24sekki/kochikura/


ROWANのブラッシュト・フリースのセーター [あみもの]

以前、ROWANのフェアアイルツィードで夫に編みこみのセーターを作ったけれど、

それでも、真冬になると寒い、とおっしゃる。

それで、軽くてあったかい糸はないかと探したのです。

それはROWANのブラッシュト・フリース。

この本はブラッシュト・フリースだけ載っているんですが、

日本にはなくなっていて、しょうがないからアマゾンUKで購入しました。

Brushed%20Fleece%204pp%20Cover.jpg

今年は今度は編みこみではなく、

アラン模様にしようかな、と思います。

しかし、日本にあるようなよくあるアラン模様は面白くない。

それでちょっと変わった模様を編むことにしました。

FLEET%203.jpg

これはケルトの模様をアレンジしたものらしい、です。

ブラッシュト・フリースはほとんどよっていない、一見みれば、

本当にフリースに見える太い糸ですが、

軽くてとてもあったかい。

編みあがれば大いに夫の冷たいからだを温めてくれるでしょう。

しかし、これも大変デリケートな糸だから

失敗はできないんですよね。

それに、わたくし、こんなに込み入ったアラン編んだことないし、

いわばアランの初心者。笑

いや、なんでも、初心者なんですが、

だから他の糸で練習していますが、

ま~、難しいというか、慣れるってこんなに大変なことだったのですね。

昨日は、5回ぐらい作り目するところからやり直して、

三段目編んだところで疲れ果ててその日は終わりました。

編み物記号を知らないのね。

ついでに、英語で説明してあるから、よくわからないの。

一応先生に解説を書いてもらったので楽勝よ、と思ったんだけど、

いやいや、そういうわけでもなかった。

しかし、これが編めたとき、

また一段階レベルがあがっていることでしょう。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

手作り市に出品することにしました~~。 

FullSizeRender (3).jpg

日時 11月5日(木)10時スタート

場所 阪急京都線 上牧駅 (普通、準急のみ停車)徒歩五分

イベント会場   建築雑貨ラロ

名称        こちくら市

詳しくは、↓を見てくださいね!!

http://www.relife.co.jp/24sekki/kochikura/


前の10件 | - あみもの ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。